「未分類」の記事一覧(2 / 5ページ目)

信心とは己との闘いか

未分類

顕正会とかいう馬鹿気狂い集団でも飯事としてのシャクブクとやら、すなわち悪勧誘活動でありますが、仏法用語を使う時点ですでに謗法ですな。 卑劣な金儲けと人心惑乱への協力行為を折伏と呼ぶのは、法を下げ仏様に汚物を浴びせる行為に・・・

もしもボックス品

未分類

同志誹謗が好きなわけではないけれど、ついついひとのあらが目についてしまう性分ゆえ、私がもし顕正会員だったら、櫻川とかいう奴みたいに、どう転んでも組織に反逆するが落ちだっただろうなと想像するところです。 組織というもの、国・・・

「信教は自由ですから(池田駄作)」

未分類

大作は植物のようになってしまったようですが、浅いセンセーとかいう奴もそろそろですな。 登記簿まで見られて、やれすでに代表は城衛になっているとか、やれ浅井は城衛に10億円やったとか、言われなくていいことを言われて馬鹿にされ・・・

君は「毒鼓の縁」を知っているか

未分類

此れをば天台の御釈に云く「人の地に倒れて還(かえ)つて地より起(た)つが如し」等云云、地にたう(倒)れたる人は・かへりて地よりを(起)く、法華経謗法の人は三悪並びに人天の地には・たうれ候へども・かへりて法華経の御手にかか・・・

宗教不適格者のセンスで計る血脈観

未分類

日蓮大聖人の御悟りは、毛頭ほども漏らさず日興上人ただ御一人に相承されました。 その血脈は日目上人に付嘱され、以後途絶えることなく代々の上人様へ受け継がれています。 血脈相承とは、直授結要付嘱、金口相承と言われ、すなわち直・・・

創価学会のニセ本尊に一言も無い浅井昭衛

未分類

ふしぎですね。 この一言ですよ。 創価学会のニセ本尊は、宗門所持の日寛上人の御書写になる御本尊を写真撮影し、それをデジタルデータ化した上で編集した原稿を元に大量印刷されたものとされます。 創価と聞けば目の敵にしてきた浅井・・・

日淳上人の御指南にも背く顕正会員

未分類

顕正会員がいかに馬鹿といえども、学校の試験くらいは何度か受けたことがあるでしょう。 あれは、空欄などに答えを書きますが、答えを書くべき場所に何かを書き込みさえすれば、100点でしょうか。 回答欄を全部埋めれば満点ですか。・・・

「疑うことすでに謗法」はあり得ない

未分類

正法である以上、愚者の疑惑などものともしないことは言うまでもないことです。 ところが、顕正会では、「疑ってはいけない!」と高圧的に、あるいは狼狽しながら教えます。 何をこわがっているのかは明白ですが、「疑うことは謗法」、・・・

「戦い」連呼して逃げ惑う狂態

未分類

日蓮正宗は御遺命を踏みにじり、広宣流布の戦いもしていない、と例に漏れない嘘を教え込む顕正会。 教える方も大罪人なら、確かめもせずに鵜呑みにするのはもっと馬鹿です。 高知では下元というおじ様が約1年前に脱会なさいましたが、・・・

“被害者扱い”は甘すぎる

未分類

宗教詐欺師で狂人の浅井昭衛なる男の罪状に惟ますと、一言で言えば仏法破壊の大罪であります。 御金言に上品の一闡提人と拝せる正にその人であり、無間地獄という最も深い地獄に堕ちること必定と説かれる最高の罪人です。 この浅井に与・・・

ページの先頭へ