宗教詐欺師で狂人の浅井昭衛なる男の罪状に惟ますと、一言で言えば仏法破壊の大罪であります。

御金言に上品の一闡提人と拝せる正にその人であり、無間地獄という最も深い地獄に堕ちること必定と説かれる最高の罪人です。

この浅井に与する頭破作七分の徒輩が、顕正会員などと称されるところの浅井の眷属です。

浅井は、仏法に背き、猊下様を謗り怨嫉し、同志に暴行を働くなどの大謗法により破門されます。
にもかかわらず大石寺を詐称し、日蓮正宗を唯一の正系門流と嘯き、日蓮大聖人から脈々と連なる血脈までをも詐称しようとしています。

かかる浅井に与する眷属どもに対し、「浅井昭衛に騙されている可哀想な人たち」など憐れんで見せる人々もあり、私とでそれに全く同意しないわけではありませんが、いわゆる共犯者たちであり、酌量の余地はあまり見いだせないように感ぜられるところです。

しかるに、大罪をつくるとも懺悔すれば赦されるという御指南を拝すれば、一度の過ちなればそれは赦され、幸福な境界を今生にも顕す可能性がゼロではないのです。

ただし、浅井の大罪は一度ならず犯されているため、今生はもう無理です。

御経文にも「若悩乱者頭破七分」と拝し、もともと悪い頭が顕正会で罪を重ねたことでますます割れてしまったものか、もはや平易な日本語でさえ理解できなくなっている大馬鹿者が数多いる顕正会ではありますが、仏様の御心を仰ぐに、仏様の御慈悲と御導きあるものなれば、それらを救うも私の仕事と心得るものではあります。

YouTubeに詐欺師ハンター jose okuyamaという人があり、架空請求詐欺などに引っかかったふりをしてやっつけるという面白い音声を多数公開しています。
この人の公式サイトに、「詐欺は即刻やめるのだ!」と見えますが、疑う余地のない正論です。

宗教詐欺、ことに大聖人の仏法を騙り捻じ曲げ人々を惑わすは、世にあるすべての金を詐取するよりもはるかに重い罪です。

顕正会員は、浅井に与同する宗教詐欺の共犯者であり、本当にそのことに気づいたら夜眠れなくなるはずです。

浅井昭衛とその眷属たちよ、宗教詐欺は即刻やめるのだ!