ふしぎですね。
この一言ですよ。

創価学会のニセ本尊は、宗門所持の日寛上人の御書写になる御本尊を写真撮影し、それをデジタルデータ化した上で編集した原稿を元に大量印刷されたものとされます。

創価と聞けば目の敵にしてきた浅井昭衛が、この天魔の所業に一言も物申さぬはどうしたことなのでしょう。

きっと、顕正会の本尊も、浅井印刷謹製だから。

つまり顕正会の本尊は、創価学会のそれと同じ偽造品と断じておきます。

開眼供養しない本尊は魔が住むと御金言に拝すとも、なお顕正会本尊を拝めるとしたら、その人は日蓮大聖人なんて信じていない、ただの騙り者ですな。