顕正会に本物の本尊があるわけがない理由

その理由はシンプルで、すでに御下げ渡しされた御本尊にすら「返還命令」が出されていたのですから、その後改めて「多数の御形木御本尊」が貸与されるはずがないからです。

たしかに、浅井や幹部らへ貸与されていた御本尊が、ことごとく隠匿され日蓮正宗へ返還されず、今は顕正会にある、と考えることもできるでしょう。
しかし、そうだとしても、本物は多く見積もって数十幅程度でしょう。
つまり、どんなにひいき目に見ても、全国の会館と自宅拠点にいきわたるとはとても思えないのです。

このページの先頭へ